大阪での老眼レーシック

大阪での老眼レーシック・・・まずその前に
老眼ってレーシックが出来るの?が第一に疑問なのではないでしょうか?

老眼レーシックの説明

近視のレーシックと老眼のレーシックって同じなの?

じゃぁ、大阪で老眼のレーシックって受けれるクリニックがや眼科があるの?

老眼はレーシック以外の治療ってないの?

以上のような疑問が出てくるのではないでしょうか?

そこで、当サイトでは大阪でレーシック手術や老眼治療を行っているクリニックとして「神戸神奈川アイクリニック 梅田院さんのモノビジョンレーシック」と「品川近視クリニック 大阪 梅田院さんのリーディングアイ(旧名:レーシックカムラ)」といった老眼レーシックと老眼治療についてご紹介して行きます。

また「湘南メディカルクリニック 新宿近視クリニックさんの最新老眼治療Vue+(ビュープラス)・レーシックVue+(ビュープラス)」「錦糸眼科 大阪院さんのスープラコア モード」、についてもご紹介しています。

大阪での老眼レーシックの詳細

モノビジョンレーシックって?

老眼にも対応のレーシック、モノビジョンレーシック

神戸神奈川アイクリニックのモノビジョンレーシック

モノビジョンレーシックは、「遠くは眼鏡やコンタクトレンズで普通に見えるんだけど、近くが見えにくい・・・・」そういった方におススメの片方の眼で「遠く」を、片方の眼で「近く」を見る状態にする老眼にも対応のレーシックです。

近視の方は近視用の眼鏡で遠くを見る事が出来ますが、老眼の症状が出始めると眼鏡をしたままでは近くが見えにくくて、眼鏡を下げたり外したりして新聞や本、携帯電話やスマートフォンを見るなんて事をしてしまいがちです。

そういった方に神戸神奈川アイクリニックがおススメしている老眼治療が老眼対応レーシックであるモノビジョンレーシックです。
ただし、神戸神奈川アイクリニックでは、精度の高いモノビジョンレーシックを実現するために、一人ひとりの角膜に合わせたオーダーメイドの矯正を行う「プレミアムアイレーシック®」「プレミアム アイデザインレーシック」のみで実施しています。

モノビジョンレーシックって?の詳細

リーディングアイ(旧名:レーシックカムラ)って?

世界47ヶ国で行われている安心の老眼治療「リーディングアイ」

品川近視クリニックの老眼治療「リーディングアイ」

リーディングアイって?(旧名:レーシックカムラって?)
リーディングアイ(旧名:レーシックカムラ)と老眼治療や老眼のレーシックを調べていると良く聞かれますね。

これは品川近視クリニックさんの老眼治療で、レーシックと組み合わせた老眼レーシックととして品川近視クリニック 大阪 梅田院で受ける事が出来ます。
このリーディングアイですが、2014年5月より『レーシックカムラ』から治療名が変更されています。

では、他のクリニックで行われている老眼レーシックの『モノビジョンレーシック』や『CK』とはどう違うんでしょうか?
品川近視クリニックさんのリーディングアイの説明では次のように説明されていました。

-近くの見え方遠くの見え方ヨーロッパ厚生省認可見え方の質実績
リーディングアイ
遠近両用白内障手術
モノビジョンレーシック

リーディングアイは最も効果的な老眼治療として品川近視クリニックさんが行っています。

遠くの視力が下がるリスクが、モノビジョンレーシックによる老眼治療では、今まであったと言う事です。

しかし、「リーディングアイ」では遠くの視力をあまり下げることなく、近くの視力を改善することができるという、最も効果的な老眼の治療方法として品川近視クリニック 大阪 梅田院でも受ける事が出来ます。

リーディングアイ(旧名:レーシックカムラ)って?の詳細

老眼レーシック治療Vue+(ビュープラス)って?

最新老眼治療Vue+(ビュープラス)とレーシックVue+(ビュープラス)

湘南メディカルクリニック-新宿近視クリニック-の老眼治療Vue+(ビュープラス)

老眼治療である40歳以上でも安心の『老眼治療Vue+(ビュープラス)』は、Vue+(ビュープラス)という利き目でない方の非優位眼の角膜実質内にraindropという水を70%以上含有している透明なレンズを挿入して矯正する治療法です。

『レーシックVue+(ビュープラス)』は、両眼をレーシックにより矯正にし、そして効き目でない方の非優位眼をVue+(ビュープラス)で矯正にすることで遠近ともにメガネなしで見えるようにする老眼治療と視力矯正のレーシックを組み合わせた治療法です。

【ニュース】
TBSの「Nスタ」で新宿近視クリニックの「老眼治療Vue+(ビュープラス)」と「ReLEx Vue+(リレックス ビュープラス)」が最新日帰り老眼治療として紹介されました!

老眼レーシック治療Vue+(ビュープラス)って?の詳細

スープラコア モード(SUPRACOR)って?

最新の老眼レーシックSUPRACOR(スープラコア モード)

EU加盟国における安全基準をクリア(2011年5月に)し、安全性が証明された最新の老眼治療フェムトレーザー・レーシックが「SUPRACOR(スープラコア モード)」です。

スープラコア モードは両目に施します、ですから左右どちらの目でも近く・遠くが裸眼で見えるようになります。

【遠近コンタクトレンズのような形状に角膜を変化させるスープラコア モード】

錦糸眼科 大阪院(梅田)

老眼を治す研究として、遠近コンタクトレンズのような形状にエキシマレーザーを用いて角膜を変化させることが長年続けられてきました。

それがついに実用的な照射アルゴリズムが完成し、世界で初めて老眼に対する有効なエキシマレーザーが発表。

そのエキシマレーザーの老眼に対する照射はSUPRACOR(スープラコア)と呼ばれ、錦糸眼科に世界で初めて導入されました。

スープラコア モード(SUPRACOR)って?の詳細