Top > 老眼のレーシックって何歳から? > 老眼のレーシックって何歳から?

老眼のレーシックって何歳から?

老眼のレーシックって何歳から?

老眼のレーシックっというけど、そもそも老眼のレーシックって何歳からとかあるのでしょうか?

老眼と一般的に呼ばれているのになる年齢は個人差がありますから、何歳になったら普通のレーシックじゃなくなるっというように一概にはいえません。

■品川近視クリニック 梅田院の場合⇒『40歳からのレーシック』
⇒老眼鏡いらずの快適生活!老眼治療・手術[レーシックカムラ]っとして「40歳からのレーシック」の専用のページを作られて解説されていますね。

■SBC新宿クリニック 大阪院⇒『45歳から60歳ぐらいの方に適応』
⇒以前はモノビジョンレーシック⇒老眼対応レーシック、現在はVue+(ビュープラス)として専用のページを作られて解説されていますね。

老眼のレーシックはクリニックごとに実際によく老眼?っと感じる40歳や45歳を年齢として「一応」の目安的にあるようですが、やはり個人差がありますから、無料相談や無料検査などで聞いて見るのが一番良いですね。

もちろん、すでに老眼を気にされている場合は何歳であろうと老眼のレーシックでの無料相談で相談される事をおススメします。

その他にも老眼治療のレーシックとして、錦糸眼科 大阪院の「スープラコア モード」、おなじく品川近視クリニック 梅田院の「遠近両用レーシック(プレスビーマックス)」などもあります。

ただ、これらの術式に関しては、公式サイトでも「何歳から」とかは記載されていませんので、老眼が気になって来た時が最適な時期とも言えそうです。

老眼のレーシックを利用した治療は、各クリニックの無料の適性検査でどの治療が適しているかなどライフスタイルや目の状態からアドバイスして頂けるので、最適な治療方法を選びたいですね。