Top > 大阪での老眼レーシック > 品川近視クリニック 大阪 梅田院の老眼レーシック

品川近視クリニック 大阪 梅田院の老眼レーシック

品川近視クリニック 大阪 梅田院の老眼レーシックは、『リーディングアイ・プラス』と『アマリス750リーディングアイ・プラス』と『リーディングアイ・クリスタル』になり、そしてプレミアムメニューが4種類用意されています。

shinagawa-oosaka.jpg

品川近視クリニックでは「40歳からの老眼治療」として「リーディングアイ(旧名:レーシックカムラ)」が用意されています。

近くの物が見えにくくなる気になってくる老眼の症状は、年齢と共に眼の調節機能が低下してくる現象ですが、品川近視クリニック 大阪 梅田院の最新の老眼治療「リーディングアイ(旧名:レーシックカムラ)」は、近くも遠くも快適に見えるようになる治療方法※です。
※老眼・近視・遠視・乱視を同時に治療することで、

品川近視クリニック 大阪 梅田院の老眼レーシックである老眼治療「リーディングアイ(旧名:レーシックカムラ)」は、実績も豊富で安心の「フェムトセカンドレーザー」を使用し、手術にかかる時間はわずか数分です。

じつはこの「リーディングアイ(旧名:レーシックカムラ)」は、白内障手術後も治療可能!でもあります。

レーシックカムラを行なうには、40~65歳の方、白内障や緑内障などの疾患がない方、適応検査で手術が可能と診断された方となりますので、品川近視クリニック 大阪 梅田院の参加無料の老眼治療の説明会に、まずはお気軽にご参加ください。
そして無料適応検査を申し込まれてみるのをおススメします。

【公式】品川近視クリニック - 老眼治療無料説明会のページへ