Top > モノビジョンレーシックって? > 神戸神奈川アイクリニックのモノビジョンレーシックって?

神戸神奈川アイクリニックのモノビジョンレーシックって?

老眼にも対応のレーシック、モノビジョンレーシック

神戸神奈川アイクリニックのモノビジョンレーシック

モノビジョンレーシックは、「遠くは眼鏡やコンタクトレンズで普通に見えるんだけど、近くが見えにくい・・・・」そういった方におススメの片方の眼で「遠く」を、片方の眼で「近く」を見る状態にする老眼にも対応のレーシックです。

近視の方は近視用の眼鏡で遠くを見る事が出来ますが、老眼の症状が出始めると眼鏡をしたままでは近くが見えにくくて、眼鏡を下げたり外したりして新聞や本、携帯電話やスマートフォンを見るなんて事をしてしまいがちです。

そういった方に神戸神奈川アイクリニックがおススメしている老眼治療が老眼対応レーシックであるモノビジョンレーシックです。
ただし、神戸神奈川アイクリニックでは、精度の高いモノビジョンレーシックを実現するために、一人ひとりの角膜に合わせたオーダーメイドの矯正を行う「プレミアムアイレーシック®」「プレミアム アイデザインレーシック」のみで実施しています。

神戸神奈川アイクリニックのモノビジョンレーシックがモノビジョンレーシックを「プレミアムアイレーシック®」「プレミアムアイデザインレーシック」のみで行うのは、角膜は一人ひとり異なるゆがみがありますから、その「わずかなゆがみ」を解析して一人一人の眼の状態に合わせたオーダーメイドの照射を行いより質の高い見え方を実現するためです。

神戸神奈川アイクリニックのモノビジョンレーシックは「老眼レーシック」というよりは、オーダーメイドの最上位の資料九矯正手術である「プレミアムアイレーシック®」「プレミアムアイデザインレーシック」を老眼に対応させたと考えた方が分かりやすいと思います。

※神戸神奈川アイクリニックの老眼治療は老眼対応レーシックであるモノビジョンレーシックや遠近両用白内障手術などもご紹介しています。

【公式サイト】神戸神奈川アイクリニックの老眼治療専門ページ